外壁塗装のシリコン塗料の特徴

外壁塗装のシリコン塗料の特徴は、耐久性と価格のバランスが良いことではないでしょうか。
外壁塗装において用いられる塗料は、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料です。

シリコン塗料はアクリル塗料やウレタン塗料よりも高価ですが、フッ素塗料よりは安価です。
フッ素塗料は耐久性に優れていることでよく知られていますが、まだ価格が高いのであまり用いられていないのが現状です。

ですからそこから1ランク落としたシリコン塗料が現時点では最善の選択ではないかと言われることが多いようですよ。
実質的にはシリコン塗料は最高グレードと言っても差し支えがないかと思われます。

シリコン塗料の他の特徴としては、つやが良く出ることや汚れがつくことを防止する効果が高いということが言えるでしょうか。
ちなみにシリコン塗料と一口に言っても様々ですが、その性能を確かめるにはカタログなどで耐候性を確認することがおすすめです。

塗料のカタログには耐候性についての記載があり、シリコン塗料においては3000時間から3500時間の耐候性があると記されていれば安心だと言えるようです。
もしこの耐候性の記載がない場合、期待耐用年数が10年程度であればシリコン塗料においては安心できると言えるでしょう。