外壁塗装の塗料のメーカー

外壁塗装に不可欠な塗料ですが、当然のことながら製造している企業が存在します。
利用する側としては、それほどこだわる必要がありませんが知識として知っておいても損はありません。
ここでは塗料を製造しているメーカーについて説明します。

外壁塗装に使われる塗料を作る主なメーカーとしては、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研、大日本塗料などが知られているそうです。

現在の日本ペイントは2014に設立された会社ですが、その前身にあたる光明社は1881年に設立されているというから驚きです。
通称はニッペであり、特に家庭用の塗料の商品名にはこのニッペという通称が組み込まれていることが多いそうですよ。

関西ペイントは1918年に設立された会社で、その名の通り関西地区である大阪府大阪市に本社を置いています。
現在では国内において業界一の売り上げを誇っており、アジア圏でもその人気は大きいのだとか。
カンペという通称、またはアレスコというブランド名でも良く知られているそうです。

エスケー化研は1955年に設立された会社で、建築用塗料の大手メーカー、特に外装用に強いメーカーとしてよく知られているそうです。
建築仕上げ塗材においては国内最大手ともされています。
また海外展開にも積極的なのだそうですよ。

大日本塗料は日本国内第3位のシェアを誇る総合塗料メーカーで、1929年に設立された会社です。通称DNTとして業界内でも知らぬものはいない大手メーカーなのだそうです。