外壁塗装で塗料を塗るときに注意すること

最近ではちょっとした外壁塗装ならDIYで行うことも可能になりました。
何故ならホームセンターなどで気軽に必要なものを揃えられる時代になったからです。

そこで、塗料を塗るときに注意することについて記してみようと思います。
あくまで塗るときということで、養生や掃除については割愛させてくださいね。
家の画像
まず塗料を塗ると言っても一種類だけ一回塗れば良いというものでもありません。
まずは下塗りとして錆び止め塗料を塗ってあげることで、錆びを防止する他、仕上げとなる塗料の密着性を高めることができます。

それが終わったら中塗りです。
中塗りには仕上げに使う塗料を使います。そのまま仕上げとしてしまっても良いのですが、仕上げの前に中塗りを挟むことでより耐久性を上げることができるのです。

それが乾いたら仕上げ塗装とも呼ばれる上塗りの作業です。
仕上がり具合を大きく左右するので、慎重に作業しましょう。

綺麗に塗料を塗るコツは、上から順に塗っていくことです。
一度どのように塗るかイメージトレーニングをしておくと良いでしょう。

一度にたくさんつけず、薄くても均一に塗ることを心がけるのもポイントです。
その方が耐久性も高くなるのです。

薄すぎて下地が透けてしまうようなら、二度塗りで補ってあげましょう。
また塗り残しは乾いた後に小さなハケで修正するのがベストです。
周りが乾ききらない内に修正しようとすると、塗料が引っ張られて塗膜がよれてしまうことがあるからです。

外壁塗装は塗料をただ塗るだけだと思ったら意外と手間が掛かるようです。
でも思い通りにキレイに塗装できたら嬉しいですね。

さすがに家全体を塗るのは難しいですが、ちょっと気になる部分の補修ていどならDIYでOKなのではないでしょうか。
お仕事がお休みの日などに頑張ってTRYしてみてください。