外壁塗装の水性と油性について

外壁塗装に使われる塗料には色々ありますが、その中でもさらに水性と油性に分かれることをご存知でしょうか。水性塗料は水系、油性塗料は溶剤系と呼ばれることもあります。

水性塗料の特徴はその主成分が水で構成されていることで、内装にも使えることが挙げられます。
値段が安くニオイもほぼない上、保管に関しても特に注意を必要とせず、環境への負担も少ないです。

対して油性塗料はその主成分がシンナーなどの有機溶剤となっており、水性塗料と違って内装に使うことはできません。
また保管にも主成分の性質上注意が必要ですし、ニオイもあります。

ただ水性塗料と比べ耐久性・耐候性に優れており、塗料が密着しやすいことが利点だと言えるでしょう。
水性塗料と油性塗料のどちらが良いかは、塗るものや場所にもよります。

ですが一般的には油性塗料のほうが長持ちで良いと評価されているようです。
しかしながら近年では水性塗料であっても油性塗料に引けを取らないくらいの性能をもつものも出てきており、また油性塗料の中でも弱溶剤と言って油性塗料のデメリットであるニオイなどを抑え環境にも配慮したタイプのものも登場しています。