外壁塗装に用いる塗料について知っておく

家の前に立つ家族
新築物件を購入するにしろ注文住宅で建てるにしろ、時間と共に建物が傷んできます。

時間の経過は建物全体に及ぶので、基本的に同じように劣化していきますが、住居の中と外とでは痛み具合が大幅に異なるのは想像できます。

もちろん、痛み具合が多いのは外側です。

つまり建物の外壁や屋根です。

外壁はペンキなどの塗料の性能がよければ長持ちすることをご存知でしょうか。

実は塗料は建物の見栄えの為だけに塗られているのではありません。

建物の壁の素材の上をコーティングすることで、雨や自然災害からのダメージを遮断しているのです。

塗料が塗ってない場合、雨や風が外壁を傷つけ建物の構造体へダメージを与えます。

時には腐ってしまうなどの害が発生します。

それほど塗料が塗られているかどうかが、建物の長期的な維持に必要なことなのです。

塗料は数年から十数年の単位で塗り替える必要があります。

それは時と共に塗料の性能が落ちてくるからです。

効果を完全に失うと、家を守る防護機能が無くなってしまうということですから、そうなるまえに手を打つ必要があります。

外壁塗装を自分でDIYするのは非常に困難です。

高いところを塗るには足場を組まないと非常に危険です。

その為、業者に頼る必要があります。

塗料には様々な種類があります。

基本的に高価な塗料の方が長持ちします。

そのため安い塗料を使うよりも高い方がコストパフォーマンスが良い傾向があります。

業者は塗料の選択を予算に合わせて行います。

その際に様々なアドバイスをしてくれるかもしれません。

ですが私たちは基本的に受身になって、業者がすすめるものを選ぶ傾向があります。

その為、安くできたと思ったらすぐに外壁塗装をやるハメになり、結果的に損をするかもしれません。

そうならない為にも、外壁塗装に用いる塗料について知っておくとよいでしょう。